乾燥肌とパウダーファンデーション

乾燥肌でパウダーファンデーションを使うと、時間の経過とともに小じわが余計に目立ってしまったり、粉が浮いてしまったりしますよね。

 

パウダーファンデーションは、粉を固形にしたタイプファンデーションです。乾燥肌の場合には、上手く保湿できていないと化粧のりが悪く、メイクが決まらないこともあります。しかし、使用感がさらっとしていて、メイクが自然な仕上がりになるのがメリットです。

 


乾燥肌で、パウダーファンデーションを使うためには、スキンケアや化粧下地を使ったメイクの土台作りをしっかりすることが大切です。最近では、保湿成分が配合されたパウダーファンデーションもあるので、そういうものを使ってみるといかもしれません。

 

リキッドタイプやクリームタイプに比べると、パウダーファンデーションは肌への吸着力が劣るという点がありますが、逆を言えば、肌への負担が少ないことになります。

 

乾燥肌だから、これを使ったほうがいいというものはありません。でも、日々変化する肌の状態に合わせて、ファンデーションを使い分けることも大切でしょう。